己の力を知る

8月7日(土)に静岡県の草薙競技場にて東海中学総体が行われました。

各都道府県予選を勝ち抜いてきた選手たちによるレベルの高い大会です。
高校では、この東海の舞台で6位に入ることが全国大会出場の条件となります。

男子
3年 100m 予8 11.61 1.1 PB
2年 100m 予1 11.36 0.5 PB
2年 100m 決2 11.19w 3.3
1年 100m 予7 12.49w 2.4
共通 200m 予4 23.10 0.0 PB
共通 砲丸投 決24 9m93
女子
2年 100m 予7 12.93w 2.6
1年 100m 予6 13.40 1.9 PB
1年 100m 予6 13.40 0.6
1年 100m 予6 13.43w 2.3

中学2年生男子100mで2位!
参考記録ながら全国大会の標準記録を切る好成績。


彼はレース後「1位の選手は速かった」と笑顔で話し、レースを楽しんでいた。
自分の力が東海で通用することを知り、更なる飛躍となる大会となった。

一方で、自己ベストは更新したが、決勝には届かない。RIXPERT選手の多くが東海大会での決勝進出の壁高さを知った。

「もっといけると思った」「思ったより体が動かなかった」レース後、悔しさを吐き出した。

しかし、コーチ陣はこう思う。

壁の高さはわかった。
高さがわかったならば、あとはどう登り、どう越えるだけだ。

新たなスタートを切ろう。
まだ陸上人生は始まったばかり。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. 月刊RIXPERT 4月号

  2. 練習納め

  3. 励まし合い、競い合い、捕まえ合う。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP