試す試合

5月22日(日)に各務原陸上競技場で行われた各務原市民スポーツ大会にRIXPERT選手が参加しました。
非公認の大会ということもあり、正式なベスト記録とは扱われませんが、各選手がそれぞれの課題を持っての出場となりました。

RIXPERTから出場
中 3 男子 100m 11.62   組 1    
中 3 男子 100m 11.92   組 2   (PB)
中 3 男子 100m 12.27   組 2   (PB)
中 2 男子 100m 12.18   組 1   (PB)
中 1 男子 100m 12.23   組 1   (PB)
中 1 男子 400mR 45.87   組 1   (PB)
中 2 女子 100m 13.05   組 1   (PB)
中 2 女子 100m 13.34   組 4    
中 1 女子 100m 13.65   組 1   (PB)
中 1 女子 100m 13.95   組 2   (PB)
中 1 女子 200m 29.22   組 5    
中 1 女子 800m 2:52.00   組 1   (PB)
中 1 女子 走幅跳 4m43   決 1   (PB)

今大会は風速が計測されませんでしたが、吹き流しの様子を見る限りは間違いなく公認記録となる風力でした。
そんな中、多くの選手が自己記録(PB)に相当する記録を残すことができており、順調にスピードレベルが上がってきていることが分かります。

また、今大会は男子のリレーにも出場!
現時点でのRIXPERT最強メンバーでの出場となりました。
バトン練習も当日行うという中でのレースとなり、まだまだ記録の伸びが期待できる内容でした。
女子の活躍に続き、男子もリレーを中心とした強化を進めていきます。

こうした気軽な気分で参加できる大会は、様々なことを「試す」ことができる場となります。
大会という実戦形式の場だからこそできる練習もあり、今回はいい機会となりました。

どの試合でもベストを目指して全力を尽くすことは大切です。
その中に、「試す試合」を作っていきましょう。
その繰り返しこそが本当に重要大会でのベストな走りにつながります!

会員の方には、以下の会員限定コンテンツ、またはマイページのPRIDE動画から大会の様子をご覧いただけます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. 成功に向かう途中

  2. 体験からのはじまり

  3. 月刊RIXPERT 3月号

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP