時を同じく

5月21日(日)に各務原競技場にて各務原市民スポーツ大会が行われました。
風力が計測されず、記録が日本陸連非公認となりますが、練習の一環として中学生以上の一部の選手が出場しました。

RIXPERTから出場
中1 男子 100m 13.95   組4    
中1 男子 100m 15.59   組5    
中2 男子 100m 12.08   組1    
中3 男子 100m 12.40   組1    
中3 男子 800m 2:09.49   組5   PB
中1 男子 1500m 6:05.64   組6   PB
中1 男子 走高跳 1m25   決5    
中2 男子 走高跳 1m65   決2   PB
中3 男子 走幅跳 6m05   決1    
中1 女子 100m 15.46   組5    
中1 女子 100m 15.46   組5    
中3 女子 100m 13.00   組2    
中3 女子 100m 13.14   組1    
中3 女子 100m 14.00   組2    
中3 女子 走高跳 1m30   決2    
中3 女子 走幅跳 4m42   決3    
他団体から出場
中2 男子 100m 14.32   組4    
社70 男子 100m 14.50   組3    
中2 男子 走幅跳 4m44   決9    
中2 女子 100m 14.52   組5    
中3 女子 100m 13.87   組2    
中2 女子 200m 31.40   組5    

100mにおいては、体感で-1.0前後の風がある向かい風の中、ベストやベスト相当の記録で走る選手が多く、非常に価値のある結果になりました。
その他にも、走幅跳では中3男子選手が6m越え、走高跳では中2男子選手が「はさみ跳び」で1m65をクリアするなどの活躍を見せました。

5月は大会も少なく練習の強度を上げているなかでの出場です。
その中での今回の結果から、仕上がりが順調であることを確認できました。

今シーズンは昨年より冬季練習を1カ月程度長く行うイメージで、コンディションのピークを7月辺りにもってこられるようにしています。
6月以降でいよいよ重要大会が始まるということもあり、気持ちも身体もより仕上がっていきます。
この調子で、さらなる記録が期待できそうです。


また、時を同じく19日(金)から21日(日)にかけて県高校総体が行われました。
1日目には中コーチが審判にかけつけたり、コーチたちもクラブ出身選手たちの結果が気になって何度もスマホで速報サイトを確認していました。
個人で立派に東海出場を決めた2年生、大幅な自己記録更新で決勝の舞台に進んだ1年生、他にも各校のリレーメンバーとしての活躍も見られました。

何よりうれしいことは、出身選手たち全員が陸上を続けてくれていることです。
嬉しい結果も、悔しい結果も、大会の結果がどうであれ、出身選手たちががんばってくれている。
コーチたちにはそれで十分です。

気になって気になっていろいろ声をかけたくなりますが、それはがまんします。
今のチームで、自分の力でこれからの未来を切り開いていってください。

応援団としてずっとみんなのがんばりを見守っています。
そして、必要があれば最大限のサポートをしていきます。

たまには気軽にクラブにも顔を出してくださいね。
またみんなに会える日を楽しみにしています!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. これは革命だ!

  2. 月刊RIXPERT 1月号

  3. いろいろやろうRIXPERT

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP