夢の大会

202x年。
中体連、高体連に関係なく、陸上部に所属しているかどうかも関係ない。
誰もが気軽に参加でき、陸上競技ならではの緊張感・高揚感を味わい、そして誰もが輝ける大会。

RIXPERT CUP(仮)

真のNo1を決める真剣勝負の場として、
かけっこ好きの誰もが集える場として、
そんな大会があったらいいと思いませんか?

トップアスリートを呼んだり、お祭り気分で盛り上げたり、芝生で競技を応援したり、もっともっと「自由で楽しい大会」があっていいと思います。

例え記録が悪かったとしても、参加できて楽しかったと思える大会。
クラブだからこそそんな大会を開催できないか….。

そんなことを思っていたら、実はそんな大会を開こうとしている陸上クラブがありました。

茨城県にある阿見アスリートクラブです。

All Comers Cup 2021~ジュニア選手権大会~

阿見アスリートクラブでは、関東の1都6県を+福島県を対象とした大会を8月に開催予定です。

top.png


詳細はぜひHPをご一読ください。(画像クリック/タップで移動できます)
注目すべきは、大会の理念。
まさにRIXPERT CUPの目指す方向性と一致しています。これぞRIXPERTがやりたかった大会です。

それれなら、次はRIXPERTが!
そう思わずにはいられません。

また、阿見アスリートクラブではクラウドファウンディングでの運営資金の募集を行っており、こうした方法も大変参考になります。

画像クリック/タップで該当ページに移動します。

これからの陸上界

こうしたクラブ主催の大会の前例が積み上げられていくことで、日本の陸上界も大きく変わっていくものだと思います。

学校の「部活動」だけでなく「クラブ」でも「個人」でも参加できる。
そうした多様な形での参加が可能な大会が増えてくるのではないでしょうか。

その先駆けとして、できるだけ早いうちにRIXPERT CUP(仮)を開催したいものです。
他のクラブがやってるんだったら自分たちも。そう思わずにはいられません。

阿見アスリートクラブの大会の成功を祈りながら、次はRIXPERTの番です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. 不安定を求めて

  2. これは革命だ!

  3. 月刊RIXPERT 1月号

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP