夏のハレの日

8/19(土)にメモリアルセンター補助競技場にて全会員対象のRIX夏祭り練習会を行いました。
17時からの夜間の時間帯を利用し、初のナイター練習会です。
OB・OGを含む70名を超える参加者が集まり、夏の一大イベントとして盛り上がりました。

今回の夏祭り練習会は通常練習・全国大会壮行会・水鉄砲合戦の3本立ての実施となります。
水鉄砲を携えながら競技場に集まってくる参加者たちの姿に、いつもとは違うワクワク感が漂いました。

通常練習ではジュニアプラス・クラブ・ランニングは合同でアップ・動き作りを行い、短距離勢はスタートダッシュ、跳躍勢は助走から踏切の流れの確認、ランニング勢は200mのインターバル走を行いました。
ハードル勢は準備・片付けの時間を考量し他よりも先に始め、大会を想定した実践練習を行いました。

ジュニアは競技場の坂や壁、芝生を利用したアップから、スタートダッシュの練習、50mチャレンジを行いました。
普段は土のグラウンドで練習している参加者にとって、タータン(陸上競技場の地面に使用されている合成ゴム)で専門的なスタートブロックの練習ができるいい機会となりました。
50mチャレンジでは追い風、タータンという好条件での測定となり、自己記録を更新する参加者が多くを占めました。
少しだけ時間が余ったので最後は芝生で水鉄砲の試し打ち時間に。
早速ベタベタになっているジュニア参加者たちでした。

練習後は今回のメインイベントなる全国大会の壮行会を行いました。
8月の全中陸上、9月の全小陸上に1名ずつの選手が出場することとなり、RIXPERT全体として激励を行いました。
小学生選手も大会に向けた意気込みをしっかりと話すことができ、大きな拍手が送られました。

上記の2大会以外にも、10月に東京で行われるリレーフェスティバル、愛媛で行われるU16陸上大会への出場が期待される選手たちもいます。また、RIXPERT出身の高校生選手には10月に行われる国民体育大会への出場が期待されています。

岐阜から全国へ。そして世界へ。

奇しくも夏祭り当日にはオレゴンで世界陸上が開幕しました。
いつの日か、RIXPERT出身選手が日の丸をつけている姿が見られることを楽しみにしています。

そして最後はお楽しみの水鉄砲合戦!
この日に向けて、メモリアルセンターに確認を行い、金魚すくいで使うポイを調達し、コーチ陣でシミュレーションを行い安全面の確認を行いました。
ルールは単純。ポイに穴が開いたかどうかです。

最初は全体を3チームに分けてのチーム戦を行い、次に個人戦を行いました。
水鉄砲を準備する間に高まる高揚感!
開始時は様子見の参加者たちでしたが、徐々に入り乱れての水の掛け合いに。
一度濡れてしまえば開き直りです。

攻めるか逃げるか。
一瞬の判断がポイの運命を左右しました。

個人戦の方ではコーチ陣も参加しますがハチの巣状態に。ベッタベタです。

最後は全体で記念写真を撮影し、RIX夏祭りを無事終了してからの自由時間に。
ここからが本番という勢いで水をかけまくる参加者たちでした。
そして、最後には雨も降ってくる中、参加者でごみの確認を行い本当の終了を迎えました。

小学生選手はもちろん、高校生選手たちにもそして大人たちにとっても楽しい時間となりました。
春先から大会が続いてきた中、たまにはこうした特別な時間も必要です。

普段とは違った非日常な時間を多くの人と共有する。

それこそが「祭り」であり、日常の中でたまに祭りがあるからこそ生活にメリハリが生まれます。
今回のRIX夏祭りも本当の意味での祭りとなりました。

次はどんな祭りをやりましょう?
シーズンオフでしょうか、年末でしょうか。

日々の練習には愚直に取り組み、たまの祭りでは思いっきり楽しむ。
今後もそんなメリハリあるクラブ運営を行っていけたらと思います。

多くの方にご参加いただき、ありがとうございました!



当日の様子をまとめた動画を、会員限定ページまたはマイページの「その他」のPRIDE動画にて公開しております。


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. 強くなれるチームに

  2. みんなで挑戦RIXPERT

  3. 勝負の駆け引き

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP