オンラインで強くなった

オンラインで強くなった

短距離コーチ 野村

皆さん!練習は順調ですか?
緊急事態宣言により、多くの学校で部活動に制限がかかっている中だと思います。しかし、だからといって陸上の練習ができないわけではありません。この機会だからこそ工夫して、この難局を乗り越えましょう!

オンラインの可能性

さて、RIXPERTでは残念ながらオンラインラインでの活動開始となりました。

機器の操作等慣れないこともありますが、それ以上にスタッフたちは新しい可能性を感じています。

「みんなで集まってグラウンドで練習する」

当たり前すぎて疑うことがなかった常識ですが、オンラインをやってみるとわかります。今の時代、「場所」は関係ないなと。
こうした「新しいクラブ様式」こそが、これからの常識となっていくことを確信しています。

RIXPERT オンライン

そうした「新しいクラブ様式」の一環として、RIXPERT オンライン をはじめました。
強くなるために「場所」関係ありません。遠く離れていても、時間が合わなくても、サポートを受けられる。そうした環境をRIXPERTが作ります!

>> 詳細はこちら <<

20年前のオンライン

私自身の競技生活を振り返った時に、まさに私はオンラインで強くなりました。
といっても、20年前に今のようなオンライン環境はありません。
当時は、ビデオやDVDのやり取りを繰り返して、走りのアドバイスをもらっていました。オンラインではなく、オフラインですね 笑


きっかけは、「速く走る」ことを調べていた中でたどり着いた、短距離について議論をしているサイトです。
そこでは、「こうしたら速く走れる!」と持論を展開されている人がおり、その人の考えに興味を持った高校1年生の私は、メールで連絡をとりました。
そこからやり取りがスタートします。


ビデオやDVDで「走りの理論」について教えてもらい、こちらの試合や練習での映像を送る。そこに解説を入れた映像が返信されてくる。この流れを繰り返していました。


これがどれだけ刺激的だったことか。当時、短距離が専門の指導者がおらず、「速く走る」ことの指導を切望していた私にとって、何よりのトレーニングとなりました。
このおかげで自己ベストも大きく伸び、何より、「速く走る」ための科学的な思考に大変興味を持つようになりました。これがきっかけでスポーツ科学を学びたいと思うようになり、進路選択にも決定的な影響を与えています。

オンラインでの個別サポート

高校の教員時代、90人近い部員に対し、手厚い個別指導を行えないことにもどかしさを感じていました。

「もっと一人ひとりに時間をとれたら、記録も伸び、何より陸上競技の魅力を深く伝えられる。」

何度そう思ったかわかりません。

オンラインであれば、私自身が経験したことを、今度はサポートする側として手厚く伝えていくことができます。
そして、それはRIXPERTというクラブに携わったからこそできることです。


離れていても、時間が合わなくても、あなたは強くなれます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. 始まりの一歩

  2. 1年前と1年後

  3. 笑顔がいっぱい

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP