2022シーズンイン

4/9(土)に大垣浅中競技場にて岐阜県春季記録会(岐阜会場)が行われました。
2022年シーズンの幕開けとなる大会にRIXPERTからの多くの選手が参加しました。

RIXPERTから出場
中 2 男子 200m 25.63 -2.1 組 1 総 9 PB
中 1 男子 200m 26.66 -2.1 組 1 総 19 PB
中 1 男子 走高跳 NM
中 1 男子 走幅跳 4m23 1.7 決 11 PB
中 2 女子 200m 27.23 0.2 組 1 総 1 PB
中 2 女子 200m 27.50 0.2 組 2 総 3 PB
中 2 女子 200m 27.52 0.2 組 3 総 4 PB
中 2 女子 200m 27.62 -1.4 組 2 総 6 PB
中 3 女子 200m 28.10 0.2 組 4 総 10 PB
中 1 女子 200m 29.12 -0.7 組 1 総 14 PB
中 1 女子 200m 29.42 0.2 組 5 総 16 PB
中 1 女子 走高跳 NM
他団体から出場
中 2 男子 砲丸投 11m04 決 2 PB
中 3 女子 200m 30.23 -1.3 組 7 総 23 PB

200mでは、「前半から突っ込む」をテーマに、最初の100mでしっかりとスピードを上げきることを目指しました。
100mの通過タイムは昨年度の100mのベストタイムを上回る選手が多く、トレーニングの成果を実感しました。一方、200m向けの練習をしているわけではないので、最後の50mは…。とてもいい練習になりました。
来週の100mに期待が膨らみます。

また、走高跳、走幅跳のフィールド種目にも参加者が増えてきました。
跳躍が専門の中コーチは、朝からアップに跳躍確認と慌ただしく移動します。
初めての大会参加となる選手も多く、まずはアップからの試合の流れを経験することが大切です。記録はこれから高めていきましょう。

今大会は、3月からクラブで活動している新1年生も多く参加しました。2日前に届いた真新しいユニフォームでの出場です。
また、3月までクラブで活動をしていたOB・OG達も新天地となる各高校から参加しました。冬季トレーニングの成果を発揮し、いきなりのベスト更新です。
こうして卒業生たちの活躍を見られることも嬉しい限りです。

小学生から中学生、中学生から高校生と学校区分の区切りの時期にはどうしても空白が生まれてしまいます。その空白を埋めることができることもクラブの大きな魅力です。

RIXPERTからの大会参加者が増え、チームとしての一体感も高まってきました。アナウンスでチーム名を呼ばれる機会も増え、水色のTシャツもよく目立ちます。

だからこそ選手たちにはより一層の品位ある行動を求めます。
社会のルールをしっかりと守り、アスリートとしての高い自制心を持つことが必要です。その姿勢無くして競技力の向上はありません。

今大会の姿ではまだまだです。
記録だけではなく、人間性も高めていきましょう!

シーズン初戦、けが人が出ることなく終えられて何よりでした。

さぁ次は1週間後の100m。
何人がベスト更新となるでしょうか。
でも、本当に良くなるのはまだ先です。
夏に向け、今はまだ準備段階です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 速く走ること①  ピッチとストライド編

  1. いろいろやろう。挑戦しよう。

  2. ここで満足はしない

  3. 3年目の集大成

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP